平成19年 そば体験交流会の模様

多賀町では数年前から蕎麦の栽培が行われており、作付面積では近畿有数の規模を誇るに至っています。そこで、地元の農家の方との農作業などを通した交流体験を実施いたしましたところ、たくさんの方々にご参加いただき、まことにありがとうございました。

<2007年の模様>

8月18日猛暑日の中の種まきに始まり、9月24日の蕎麦の花鑑賞会、11月11日には蕎麦の収穫体験と新蕎麦での蕎麦打ち体験というボリュームある内容でしたが、お楽しみいただけましたでしょうか?

<2008年の模様>

8月17日(1日目)

先ずは種まき体験から。開花が楽しみです。作業の後は地元の野菜をふんだんに使った料理を堪能。

9月28日(2日目)

蕎麦の花の鑑賞会後のバーベキューの様子。たくさんの方々にご参加いただきました。

11月16日(3日目)

あいにく雨の天気となり、蕎麦の刈り取りは中止。蕎麦打ちからスタートとなりました。参加者の中には趣味の域を超えた腕の持ち主の方も!3日間お付き合いいただきありがとうございました。

最終更新日 2013年03月20日(水)
Top